博多人形

17世紀の初め、黒田長政の筑前入国に伴って多くの職人が集められ、その職人達の中から素焼き人形が生まれ、現在の博多人形の始まりになったと言われています。江戸時代後半には正木宗七や中ノ子吉兵衛といった名工達が活躍しました。優雅な曲線と豊かで繊細な表情が多くの人々の心をとらえ、明治時代にはパリなど国際的な博覧会に出品され高い評価を受けました。今では日本を代表する人形として、海外からの賓客への贈り物としても喜ばれています。(写真提供:福岡市 株式会社folcart製作キャラクター「聖徳明太子」)