舞鶴公園をあとにして、向かった先は西公園。

こちらも、お花見の名所として有名な公園でございますー。


その中にある、光雲神社。

「光雲」と書いて、「てるも」と読むんだそうでございます。

 

黒田孝高(官兵衛)・長政親子が祀られとります。

神社のお名前は、おふたかたの法名を一文字ずつ取って

名づけられとるそうですばーい。

ここで、まずは、いろいろとお参りを…。

 

と、思っとりましたら、こちらでも出会いが―!

 

ツイッターでいつもお世話になっとるりぃさま方に遭遇。

長い時間、西公園内で私めの登場を待っていただいとったそうで…。

暑い中ほんとにすみません…。

そんなわけでプチ撮影会。

神聖な場所ですみません。

ほんとにすみません(日傘借用)。

おっと、お参りにいらっしゃっていた方にも

笏(しゃく)をひと当て。

神社のお写真を撮られていたお方とも。

早速FBに写真を載せていただいてありがとうございましたー

さてさて、肝心のお参りをば。

お賽銭を

投げてー。

やや!天井から鶴の鳴き声が!

おった!

びっくりしたばい…。

 

お参りにつきものなのは、おみくじ。

早速引くばい。

1枚ずつ10円玉持ち直して

入れて

なになに。

大吉!

 

大吉出たら持って帰るのだと

誰かに聞いたことがあったので、

お口に一旦、収納してみました。

どらどら

うらやましかろー、かも子。

 

さてさて、この光雲神社には、

前回ご紹介しておった、

黒田藩の重臣、母里(ぼり)太兵衛氏の像がございますー。

立ち姿も、かっこよかばい。

並んでみたり。

ポーズ真似てみたり…。すみません。

太兵衛氏の「黒田節」にまつわる逸話もこちらに。

 

そしてもう一つ。

黒田孝高(官兵衛)の長男、

黒田長政が愛用した、水牛の兜像もございます。

武勇に長けたお方だったことが

この兜を拝見しただけでも、想像できるばい…。

最後に、大鳥居の前で記念撮影をしとりますと、

後ろから「あなたは誰ね?」

と神社の方にお声をかけられ、

記念撮影。

「いつでもまた、いらっしゃい」

と言われ感激。

去り際に

握手までさせていただきましたー。

またお邪魔いたしますー。

今回も素敵な出会いがたくさんあって、

ほんとにこれも、黒田官兵衛氏のおかげでございますー。

礼。

来年は、たくさんの方が、福岡に遊びにいらっしゃいますようにー。

 

そしてまだまだ、私めの官兵衛めぐりの修学の旅は続きますー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  • 黒田官兵衛めぐり 其の壱黒田官兵衛めぐり 其の壱 いよいよ梅雨シーズンが到来した福岡でございますー。   直前の5月23日、福岡市内へお散歩に出かけて来たばーい。 […]
  • ホークス戦報告・其の弐ホークス戦報告・其の弐 私めのホークス戦初登場の日は、 私めの兄との初共演の日ともなりました。 感慨深し。   今後、こ […]
  • セグウェイに乗る。セグウェイに乗る。   某月某日。 福岡市百道浜にある、 ロボスクエアさんにお邪魔してきました。 目的は、 未 […]